査定士によって価格が変わる

廃車の査定士によって価格が変わる?

ディーラーの下取り査定というのは査定表に基づいているので、誰が査定をしてもそれほど査定金額に差が出るものではありません。
というよりも誰がやってもほとんど判で押したような同じような査定金額になるでしょう。
これが買取専門店の査定でしたら、また違った結果になるようです。
というのも決まった査定表があるわけでもないからです。
もっとも根底にある基本の部分は一緒なのですが、それよりも大きいのは相場価格なのです。
買取専門店は様々な販売ルートを持っています。一般的な中古車市場の他にはオークションサイトがありますし、部品取り専門の市場もあります。さらには海外ルートまでありますから、それぞれ最適なルートを探すのです。人気車であれば通常の中古車市場に出せば瞬く間に売れていくでしょう。そのときは買取査定額も高めの設定となります。
オークションサイトでは常に相場価格が変動しますし、注文が来ている状況などもわかるようになっています。
注文が入っている車と同様の車が査定依頼されているとしたら、すぐに売れますのでそれなりの査定価格となるのです。以上のように需要と供給のバランスで買取専門店の査定は成り立っているので、査定士によって変動があるというよりも市場動向、さらには需要と供給で決まるといってもいいでしょう。
ある意味わかりやすいのですが、利用者のほうも車の相場価格というものを把握しておかないと業者側のペースで話が進んで行ってしまいますので気をつけるようにしましょう。